浮気調査にかかった費用はパートナーや浮気相手に請求できる?
素朴な疑問をお持ちの方にお答えします!
浮気調査にかけた費用は取り戻せるのか?

浮気の被害者なのに費用が嵩むのは不条理だ!

パートナーが浮気していると思って、本人を問いただしてもそう簡単に認めてはくれません。浮気をしているパートナーは言い訳したり話をそらして、あなたの追及を逃れようとします。

離婚する場合はもちろん、離婚しないとしても、浮気を認めさせるためには相手が言い逃れをできない証拠が必要です。そのためには、探偵に浮気調査を依頼することが確実になります。

ただし、探偵に浮気調査を依頼すれば費用がかかることは避けられません。浮気調査にかかる費用は数万~数百万円とピンキリです。

浮気の調査費用は、そもそもパートナーが浮気をしなければかからなかった費用です。浮気をしたパートナーが悪いのに、自分が浮気調査の費用を負担するとしたら納得できるわけがないですよね?何としてでも、パートナーや浮気相手に調査にかかった費用を払わせたいと思うのは当然です。

調査費用を回収できるかどうかは、浮気不貞行為)の証拠にかかっています。浮気不貞行為)の確実な証拠があれば、調査にかかった費用は回収できると考えて問題ありません。

✅裁判では浮気調査費用の請求は認められない?

 

探偵に浮気調査を依頼すると調査のために費用がかかります。もともとパートナーが浮気をしなければ発生しなかった費用なので、パートナーや浮気相手に調査費用を全額請求できると思っていませんか?

パートナーが素直に調査費用を払ってくれれば問題ないのですが、実際は支払いには応じないケースのほうが多いです。

 

○調査費用の請求を裁判所が認めるかはケースバイケース

パートナーや浮気相手に、探偵の調査費用を請求することは「任意」になります。
つまりは、法律的には「請求できる、できない」という決まりはなく、あなたが請求したいと思えば「請求できる」のです。

離婚や慰謝料を求める裁判で、パートナーや浮気相手に「浮気調査の費用」の支払いを命じた判例はあります。

しかし、調査費用はパートナーや浮気相手に請求すれば必ず認められるわけではありません。判例では、調査費用をパートナーや浮気相手に請求することを認める場合もあれば、認めていない場合もあります。

 

裁判で調査費用の請求が認められるための条件は?

 

どのような場合であれば、裁判所は浮気調査にかかった費用をパートナーや浮気相手に請求することを認めてくれるのでしょか。

 

○「探偵による調査が必要だったのか」が論点になる

裁判所が調査費用の請求を認めるのは、不貞行為の証拠をつかむために、「探偵の浮気調査が必要だった場合」に限られます。

・パートナーが浮気の事実をかたくなに否定していた

・パートナーが単身赴任などの理由で別居中のため調べようがなかった

・仕事や育児のため、パートナーを調べる時間を作ることができなかった

・探偵による浮気調査によって、初めて不貞行為が明らかになった

このような場合は、探偵に浮気調査を依頼しなければ、「浮気不貞行為)の証拠を集めることができなかった」と裁判所が判断するため、調査費用をパートナーや浮気相手に請求することが可能になります。

 

✅調査費用の請求が認められない場合は?

 

探偵の調査費用をパートナーや浮気相手に請求することができるのは、不貞行為の証拠をつかむために「必要だった」と認められる場合だけです。

裁判所が浮気調査を「探偵に頼む必要がなかった」と判断すれば、調査費用を請求することはできません。

 

○パートナーが認めた後で余罪がないか調査した場合

例えばパートナーが浮気をしたことを認めているにもかかわらず、「他にも浮気しているのではないか」と考え、探偵に調査を依頼したとします。

もちろん、追加調査で「新たな不貞行為の証拠」が見つかれば問題ないのですが、何も見つからなかった場合、この調査は「不要な調査だった」だと判断され、パートナーに調査費用を請求することはできません。

浮気調査によって浮気不貞行為)の証拠が見つかった場合に限り、調査費用を相手に請求することが認められます。

 

○夫婦関係がすでに破たんした上で調査を依頼した場合

すでに夫婦関係が破たん(別居等)している状態で、パートナーの浮気調査を依頼した場合も、費用を請求することはできません。

夫婦関係が破たんしているのであれば、あなたのパートナーが誰と不貞行為を行っていたとしても、裁判では浮気不貞行為)と認められることはほとんどありません。当然、不貞行為と判断されなければ、浮気調査にかかった費用や慰謝料は請求することはできません。

 

✅調査費用の請求は認められる傾向にある?

 

パートナーと浮気相手はバレることを警戒しているため、「いつどこでと会っているのか」わからないことが普通です。浮気の証拠隠滅も徹底的に行われているでしょう。そのような状態で、素人のあなたが1人で浮気調査をすることは難しいでしょう。

さらに、パートナーに気づかれることなく尾行したり、ラブホテルの前で長時間張り込みをするなど、素人に簡単にできることではありません。

そのため、近年の裁判では、不貞行為の証拠を集めるには「探偵の調査は必要」と認識されるようになり、調査費用をパートナーや浮気相手に請求することが認められる傾向にあります。

 

○認められたとしても全額ではなく費用の一部だけ

裁判で調査費用の請求が認められたとしても、「浮気調査にかかった費用の全額を請求すること」はほとんど認められていません。残念ながら、調査にかかった費用のうち一部だけしか請求できないのが現実です。

例えば、探偵の浮気調査が100万円かかった場合、実際にパートナーに請求できる金額は、10万~20万円(1~2割)になります。

パートナーと浮気相手の双方に調査費用を請求したとしても、もらえる金額が変わることはありません。

 

浮気調査の費用は慰謝料に含めて請求する場合もある

 

浮気されたあなたはいわば被害者です。パートナーが浮気をしたことにより味わった精神的苦痛を理由に、パートナーと浮気相手に慰謝料を請求することができます。

裁判で浮気調査にかかった費用の請求がまったく認められない場合でも、慰謝料に「浮気調査の費用」を含めて請求することができます。

 

慰謝料の相場はどれくらいなのか

浮気慰謝料の相場は、数十万から500万円くらいだと言われています。金額に大きな開きがあるのは、条件によって変わってくるためです。
下記のような場合は、多額の慰謝料を請求することが可能になります。

浮気の交際期間が長い(数年間)

・パートナーと浮気相手が同棲状態にあった

・パートナーの浮気相手が自分の友人といった身近な人間だった

加えて、パートナーや浮気相手が「積極的に性交渉を楽しんでいたのか」も重要な条件になります。こうしたケースであれば、200万円以上の慰謝料を請求できる可能性があります。

 

浮気をするパートナーは必ず言い逃れをする

しかし、不貞行為の証拠がなければパートナーは浮気を認めないでしょう。

一度浮気相手とラブホテルに出入りする写真を撮れたとしても、パートナーは「酔った勢いで一度だけ関係を持ってしまった」と言い訳をするでしょう。一度の不貞行為だけでは、裁判所は離婚や慰謝料を請求することを認めません。

パートナーに言い逃れさせない、また慰謝料を相場よりも多くもらうためにも、不貞行為の証拠が必要になります。不貞行為の証拠は、探偵に浮気調査を依頼すれば確実に手に入れることができます。

 

慰謝料でも調査費用は全額請求することはできない

ただし、探偵の調査費用を慰謝料に含める場合も全額を請求することはできません。探偵の調査費用によって異なりますが、慰謝料の1〜2割程度」が相場となります。

パートナーと離婚しない場合は、浮気相手だけに慰謝料を請求します。

 

✅示談交渉なら浮気調査にかかった費用を全額請求できる

 

裁判では浮気調査の費用をパートナーや浮気相手に全額請求することは認められていません。仕方がないとはいえ、納得がいかないと思う方も多いでしょう。費用を全額請求する方法はないのでしょうか。

 

○示談交渉とは?

「示談交渉」であれば、調査にかかった費用を全額請求できる可能性があります。

示談交渉とは、当事者だけで話し合いをして、解決するというものです。裁判のように多くの人がかかわることがないので、費用がかからず、短期間で決着することもできます。

 

○示談交渉には不貞行為の証拠が「鍵」

パートナーと浮気相手に不貞行為の証拠となる写真や動画を見せれば、相手は言い逃れをすることができず、示談交渉を有利に進めることができるでしょう。

一般的に、パートナーや浮気相手は、裁判をできるだけ避けたいと考えます。不貞の証拠を複数枚見せられた時点で、逃げ腰になっている場合が多いので、交渉次第で調査にかかった費用を全額請求することができます。

示談交渉がうまくいかなかった場合、裁判になりますが、不貞行為の証拠があれば慰謝料請求を有利に進めることができるため、調査にかかった費用も回収することが可能になります。

不貞行為の証拠がなければ何も始まりません

不貞行為の証拠がなければ浮気を認める人はいません!

探偵の浮気調査を依頼しても、調査にかかった費用をパートナーや浮気相手に全額請求できないからといって、探偵に浮気調査を依頼しないのは間違いです。

浮気は秘密裏に行われており、自分のパートナーにバレないように当然のように細心の注意を払っています。浮気が自分のパートナーにばれたとしたら、「離婚や慰謝料を請求されること」は誰でも知っています。

慰謝料を払いたくないパートナーは、不貞行為の証拠がない状態で追及しても、浮気の事実を認めることはありません。証拠がない状態で裁判になれば、離婚はもちろん慰謝料請求も認められません。

探偵の浮気調査であれば、確実に不貞行為の証拠が手に入れることができます。その証拠を持って裁判に挑めば、相場よりも高い慰謝料を請求することが可能です。そうすることで、探偵の浮気調査にかかった費用も全額回収することができるでしょう。

シークレットジャパングループは、全国50社以上のネットワークを持つ総合探偵社です。

 

私たちシークレットジャパングループは愛知県内にも各地域に支社を構えています。

それぞれ「土地勘に強い」「地理に詳しい」など、大手探偵社にも劣らない特色を持っています。

その特色によって「調査日数の短縮」「最低人数での調査」が可能になり依頼者様の調査費用を抑えるメリットもございます!

 

 

「調査料金」「愛知で信頼できる探偵社の選び方」「浮気調査によって、何が変わるのか」

慰謝料の相場や請求のやり方」など分からないことは何でも当社まで問い合わせてください!

シークレットジャパン千晃では依頼者様に見合ったスピーディーな問題解決方法をご提案いたします!

 

 

 友だち追加  

 

  

 

 

圧倒的なコストパフォーマンスを実現!

低料金+調査力
の理由
  • 探偵の料金は広告費に比例します。

    当社では無駄な広告費をかけないことにより圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。

  • ✖電話帳広告
    NG

    見開き広告は高単価です。当社ではこのような高単価な広告費0を目指します!

  • ✖ランキング広告
    NG

    探偵ランキング、紹介サイトなどの高単価な広告費分を依頼者様に還元します!

調査項目

浮気不倫調査

¥50,000~要相談

基本料金として1日5時間まで5万円+延長料金(延長料金は1時間1万円)

※10時間を超える延長料金は取りません。

素行・身辺調査

¥50,000~要相談

会社の雇用調査や結婚前の婚前調査など。

(履歴書の裏付け、交友関係、異性関係や借金などの調査)要相談

ストーカーDV被害調査

¥10,000~要相談

調査稼働時間1時間につき1万円。

(隠しカメラの設置など機材を使用しての撮影などは稼働時間に含みません。)

行方調査

¥100,000~要相談

対象者との関係性や情報量、難易度などで異なります。

家出、行方不明など)

盗聴器調査

¥要相談

部屋数、部屋の広さ、車内、盗撮カメラ調査など要相談

 

1日お試し調査プラン

¥10,000~要相談

探偵社を比較検討するにあたって


・なんとなく探偵に依頼するのは不安だ

・どんな調査をしているのか分からない

・どんな探偵(人間)が調査するのは分からない

・本当に証拠が取れるか不安だ   など


心配や不安はつきものだと思います。

 

そこで当社では、初めて探偵社のご利用をお考えの方の心配や不安を取り除けるように「1日お試し調査プラン」をご用意いたしております。

探偵がどのような調査を行うのか、また当社の調査力がどのようなものかを知っていただくためにご活用いただいております。

 

 

対応エリア

尾張エリア:

名古屋市一宮市春日井市愛西市あま市稲沢市岩倉市犬山市大府市尾張旭市、北名古屋市清須市江南市小牧市瀬戸市知多市津島市東海市常滑市豊明市長久手市日進市半田市弥富市東郷町、大治町、蟹江町、飛鳥村、豊山町、大口町、扶桑町、阿久比町、武豊町、東浦町、南知多町、美浜町

西三河エリア:

岡崎市豊田市安城市刈谷市高浜市知立市西尾市碧南市みよし市、幸田町

東三河エリア:

豊橋市豊川市蒲郡市田原市新城市、設楽町、東栄町、豊根村


ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください!

 

  ⇩   ⇩   ⇩

 

友だち追加

Access

愛知を中心に活躍する探偵事務所の分かりやすいアクセス情報をご覧の上ぜひご依頼ください

概要

店舗名 シークレットジャパン 千晃
探偵業届出番号 愛知県公安委員会 第54190009号
住所 愛知豊明市新田町中ノ割55-2
電話番号 0120-74-9200
営業時間 24時間
定休日 年中無休
最寄り 豊明駅より車5分

アクセス

愛知を中心に調査を行う探偵会社は事務所へのご来店が難しいというお悩みに応え、相談者様のご希望日時・ご指定の場所へ出張し打ち合わせを行っています。また365日毎日休む事なく24時間営業している事も特長の一つとなっておりますので、お仕事や家事等様々なライフスタイルに合わせてお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事