悪質なストーカー対策シークレットジャパン千晃までご相談ください!
探偵にできるストーカー対策はございます。
ストーカー対策も探偵の仕事です!

ストーカー対策は警察よりも早めに行動を起こせる探偵へ!

ストーカー対策を考えたいなら、警察よりはまず探偵社への依頼をお勧めします。なぜなら、警察がストーカー案件で動き出すのは、実害が出てからかもしくはストーカーの正体が確定しておりストーカー被害の証拠が揃ってからになるためです。

近年の「ストーカー対策」は、探偵が依頼を受けることの多い調査のひとつになります。主に異性がつきまとうストーカーは、その行為がエスカレートすると刑事事件にまで発展してしまうことも十分にあります。

異性につきまとうストーカー行為は最近になって登場した話ではなく、一方的にひと目惚れし、後を尾けたりしつこく言い寄ったりすることは一昔前からありました。

しかし近年クローズアップされているストーカーの怖さは、相手にされないとわかったストーカーが、それまで抱いていた好意から相手を憎む悪意へと変わってしまうことです。そうなると単なるつきまといではなく、相手を怖がらせる嫌がらせ行為に発展していき、最悪の場合障害沙汰にまでなってしまう危険があります。

 

警察が動き出すのは刑事事件になったとき

私たち探偵を頼りにしてください!

実際にストーカーが相手を刺してしまった事件として、1999年に起きた「桶川ストーカー殺人事件」があります。この事件をきっかけにストーカー行為を処罰するストーカー規正法」が施行されました。とはいえストーカー規正法があるから警察に相談すれば、すぐにストーカー撃退に動いてくれるかといえばそうでもありません。

ストーカー被害を感じて警察に相談しても、すぐに実行されるのは巡回パトロールの強化くらいで、犯人を捜査してくれるわけではありません。警察が積極的に動き出してくれるのは、ストーカーに襲われるなど刑事事件になる実害が発生した場合になります。

ストーカーの正体がわからないレベルでは、警察をアテにできないのが現状です。かといってストーカーが正体を現したり、実害を与えるまで怯えているわけにもいきませんん。

そのような時には探偵を頼りにしてください。探偵に依頼すれば正体不明のストーカーを特定し、警察を動かすだけの証拠を集めることができます。

探偵によるストーカー対策とは?

ストーカーの正体を暴く証拠を押さえます!

探偵は個人での対応が難しいストーカー対策を行っています。探偵には警察のような強制捜査権を使った捜査や、ストーカーに対する警告などは出来ませんが、一般人にはない探偵独自のノウハウを持って、

ストーカーの正体を明らかにする

ストーカー対策をアドバイスする

ストーカーとの話し合いに同席する

といったことが可能です。

 

探偵はストーカーの正体を暴き、警察を動かせるだけの証拠を集めます。

 

ストーカー対策で探偵が最もその力を発揮するのは、正体の特定です。具体的な方法は探偵によって異なりますが、依頼人をつけ狙っているストーカーを特定し、そのストーカーの正体を明らかにします。さらにストーカーが実際に依頼人を尾行したり、依頼人の家を監視したりする姿を画像、あるいは動画に収め、ストーカー行為の動かぬ証拠を確実に押さえます。

警察もストーカーが特定できた上、物的証拠があれば動かざるをえなくなります。むしろ、面倒で人手の掛かる捜査は全て終わっているわけですので、後はストーカー本人に警告を与えるだけなので、迅速な対応に変わるでしょう。

多くのストーカーに見られる特徴とは?

ストーカーの多くは自身の行為を自覚していない!?

ストーカーにありがちな心理として、多くのストーカー自身は、被害者へストーカー行為を全く意識していない可能性があります。交際相手と別れたあとも元パートナーに会いたいだけだったり、ひと目惚れした異性を見守りたいなど、本人はいたって「純真な行為」だと思いこみをしています。

ところがそこにいきなり警察が介入し、社会的に相当恥ずかしい刑事事件に巻き込まれてしまうと逆ギレし、ストーカー行為がさらに激化してしまいます。最悪の場合、傷害・殺人事件といった結果を招いてしまう危険があります。
そこでストーカー騒動を穏便に収束させる方法としては、ストーカーの正体の特定をして、証拠を押さえたうえで、本人と直接話し合って、ストーカー行為をやめさせることです。

この時に一番重要になることは、決して一人ではストーカーと接触しないという事になります。

ひとつ間違えば感情が高ぶり、その場で障害沙汰になってしまう危険があります。ストーカー本人との話し合いは、相手を納得させて、ストーカー行為をやめさせなくてはならないので、絶対に負けられない戦いになります。冷静に判断できる第三者を同席させ、二人以上でストーカーを説得する必要があります。

ストーカーとの話し合いの場には弁護士同席がベスト!です。

探偵が同席する場合も!?

理想的なのは弁護士が同席する場で、「つきまとい行為で迷惑しています。これ以上続けるようなら、証拠もあるので警察に被害届を出します」といった旨を相手に伝えることです。

つまりは、つきまとい行為をやめると約束して念書にサインをもらうという交渉を行うことです。

いわゆる「示談交渉」ですが、リアルにストーカー問題を解決するには、この方法が一番といえます。このストーカーとの直接交渉は弁護士に頼むのがベストですが、弁護士費用もタダではありません。なのでストーカーの調査を依頼した探偵に引き続きストーカーとの交渉に立ち会ってもらう方がいることも事実です。

探偵もそうした話し合いには慣れていますので、弁護士を雇うよりは安く済みます。しかし、あくまでも交渉なので、相手がすんなりと受け入れない場合は警察に被害届を出すようにしましょう!

 

もちろん当社においても、弁護士の紹介や交渉の立ち合いなども行っております。

愛知県のストーカー被害のご相談シークレットジャパン千晃までお寄せください。

 

圧倒的なコストパフォーマンスを実現!

低料金+調査力
の理由
  • 探偵の料金は広告費に比例します。

    当社では無駄な広告費をかけないことにより圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。

  • ✖電話帳広告
    NG

    見開き広告は高単価です。当社ではこのような高単価な広告費0を目指します!

  • ✖ランキング広告
    NG

    探偵ランキング、紹介サイトなどの高単価な広告費分を依頼者様に還元します!

調査項目

浮気不倫調査

¥50,000~要相談

基本料金として1日5時間まで5万円+延長料金(延長料金は1時間1万円)

※10時間を超える延長料金は取りません。

素行・身辺調査

¥50,000~要相談

会社の雇用調査や結婚前の婚前調査など。

(履歴書の裏付け、交友関係、異性関係や借金などの調査)要相談

ストーカーDV被害調査

¥10,000~要相談

調査稼働時間1時間につき1万円。

(隠しカメラの設置など機材を使用しての撮影などは稼働時間に含みません。)

行方調査

¥100,000~要相談

対象者との関係性や情報量、難易度などで異なります。

家出、行方不明など)

盗聴器調査

¥要相談

部屋数、部屋の広さ、車内、盗撮カメラ調査など要相談

 

1日お試し調査プラン

¥10,000~要相談

探偵社を比較検討するにあたって


・なんとなく探偵に依頼するのは不安だ

・どんな調査をしているのか分からない

・どんな探偵(人間)が調査するのは分からない

・本当に証拠が取れるか不安だ   など


心配や不安はつきものだと思います。

 

そこで当社では、初めて探偵社のご利用をお考えの方の心配や不安を取り除けるように「1日お試し調査プラン」をご用意いたしております。

探偵がどのような調査を行うのか、また当社の調査力がどのようなものかを知っていただくためにご活用いただいております。

 

 

対応エリア

尾張エリア:

名古屋市一宮市春日井市愛西市あま市稲沢市岩倉市犬山市大府市尾張旭市、北名古屋市清須市江南市小牧市瀬戸市知多市津島市東海市常滑市豊明市長久手市日進市半田市弥富市東郷町、大治町、蟹江町、飛鳥村、豊山町、大口町、扶桑町、阿久比町、武豊町、東浦町、南知多町、美浜町

西三河エリア:

岡崎市豊田市安城市刈谷市高浜市知立市西尾市碧南市みよし市、幸田町

東三河エリア:

豊橋市豊川市蒲郡市田原市新城市、設楽町、東栄町、豊根村


ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください!

 

  ⇩   ⇩   ⇩

 

友だち追加

Access

愛知を中心に活躍する探偵事務所の分かりやすいアクセス情報をご覧の上ぜひご依頼ください

概要

店舗名 シークレットジャパン 千晃
探偵業届出番号 愛知県公安委員会 第54190009号
住所 愛知豊明市新田町中ノ割55-2
電話番号 0120-74-9200
営業時間 24時間
定休日 年中無休
最寄り 豊明駅より車5分

アクセス

愛知を中心に調査を行う探偵会社は事務所へのご来店が難しいというお悩みに応え、相談者様のご希望日時・ご指定の場所へ出張し打ち合わせを行っています。また365日毎日休む事なく24時間営業している事も特長の一つとなっておりますので、お仕事や家事等様々なライフスタイルに合わせてお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事